MENU

過払い請求は専門家に相談するのが一番

過払い請求は払い過ぎた利息分を返還して貰う手続きのことです。以前の消費者金融ではグレーゾーン金利で貸付を行っていました。グレーゾーン金利とは利息制限法で定める上限利息を超え、出資法の定める上限利息は超えない金利のことを言います。利息制限法では借入額に応じて上限利息が変わり最大でも年20%と定められています。出資法では貸金業者で年29.2%と定められています。利息制限法と出資法では上限利息に差がある状態でした。出資法さえ守っていれば特に罰則されなかったので28%や29%で貸付する消費者金融が多かったのです。平成22年6月18日に改正貸金業法が施行され、利息制限法で定める上限利息による貸付は違法となりました。過去に完済している分も過払い請求を行うことで返還して貰えます。過払い請求を行うには大阪府でも消費者金融に取引履歴の開示を請求し利息制限法に基づいて再計算します。正確な計算書を作成し消費者金融に送付します。ご自身でも過払い請求を行うことは可能ですが多くの消費者金融で減額してくれと言ってきます。納得できないときは交渉、交渉がまとまらないときは訴訟を起こすことが必要です。交渉や訴訟と言ったことは中々個人の方では難しいです。過払い請求は一人で行わずに専門家である弁護士にお任せしたほうが安心です。過払い金請求には支払が終わってから10年と言う時効があります。ご自身の場合で変換して貰えるかどうか分からないときでも弁護士なら教えてくれます。訴訟になったときでも弁護士なら全額返還して貰えることが多いので過去に高金利で借りていた方は一度大阪府にもある弁護士事務所で無料相談を受けてみて下さい。